イトーヨーカ堂川越店、7月に閉店

これまで単独店舗であったヨーカ堂川越店が、三井不動産のマンションと共同開発して
1,2階を食品館、上部を分譲マンションとしてスタートしたのが2019年。
当時、「坪280万円の億ションが川越にも誕生」と注目され、マンションは完売の人気があった。
さらに、川越駅西口の三菱地所「川越タワー」は、坪380万円でも早期に完売した。

分譲マンションの人気が高いのに対し、物販店、特に百貨店、GMSの状況は厳しいとは聞いている。
スーパー業界の雄であったヨーカ堂の川越店が、新装オープンからたった5年で閉店とは 信じられない。
投資回収もままならないだろう
それだけ、ヨーカ堂の苦境は厳しいものがあるのだろう。

ヨーカ堂川越店閉店(20240312日経)

鑑定評価は、埼玉不動産鑑定所へ

ゾンビ企業が3年連続増加

日経新聞によると
新型コロナウイルス禍で中小企業の資金繰りを支えたコロナ緊急処置。
4年を経過する中で、返済を猶予されていた企業は淘汰されずに残った。
その中には当然淘汰されるべき企業、あるいは制度の隙を突いて融資を引き出した企業も多い。

ゾンビ企業が増加(20240313日経)

本来融資されるべきでなかった企業の債権は、金融機関の不良債権として残り、檻がたまってくる。
内部調査による「なあなあ」で済まさず、外部調査を担うべき金融庁の検査で膿を出し切るべきではないだろうか。

鑑定評価は、埼玉不動産鑑定所へ

創業75年、鑑定業登録60年目に入った

丸広百貨店は創立75周年を迎えた。

弊社は昭和24年創業と初代から聞いていたから、丸広百貨店と同い年だ。

不動産鑑定業者登録は昭和40(1965)年2月のこと  国土交通省鑑定業者登録
ことしは2024年だから、数えてみると三月から60年目に突入したことになる。

人間なら還暦だ

次は古希の70年間まで 続けたい
 
初心に返って、誠実に鑑定評価作業無を続けていかなければ、と改めて思う

鑑定評価は、埼玉不動産鑑定所へ

令和5年地価調査基準地価格発表

7月1日現在の土地価格を告示する『令和5年地価調査』が発表された。

全国の全容と平均と住宅地平均が31年ぶりにプラスになった。

長年の下落によって、多くのエリアが下げ止まった、とも言える。

埼玉県内も全容と、住宅、商業、工業ともにプラスになって、とりわけ東京に近接する県南部はマンションの価格上昇が明らかになっている。

埼玉県の地価調査概要はこちら

埼玉県西部地区の最近の地価動向はこちら

鑑定評価は、埼玉不動産鑑定所へ

料亭にも明るい兆しが--

日経新聞に嬉しい記事が載っていた。
老舗料亭、新たな客招く(20230922日経)
9/20に発表された地価調査基準地価格も上昇を示している。景気は少し戻ってきたのかもしれない。

川越「山屋」や大宮「一の家」も,新型コロナ禍に耐えて今がある。
残念なことに、この数年で多くの料亭がのれんを下ろした。
川越だけでも「ささ川」「福登美」「川島」--
1900年から続く料理店組合に 広いお座敷にお膳を並べるスタイルができるのは「山屋」だけになってしまった。
ほとんどの席が座敷にテーブルと椅子を並べている。

数少ない料亭として、売上が戻ってきたのなら,他のお店に行っていたお客が回ってきただけであり、必ずしも喜ぶべきこととも言えない。

伝統ある格式を大事にするお客を増やす工夫が街には求められている

鑑定評価は、埼玉不動産鑑定所へ

変動金利の5年ルールと125%ルール

アメリカの金利上昇と円安を受けて,住宅ローンの金利も上昇するのではないか,との観測が多い。
でも、過度に心配する必要はなさそうだ。
変動金利は今のところ年0.5%程度と1%以下。年8%時代を知るものにはほとんど金利がない状態だ。この金利が数年後3%とか5%になったら、今のマンションブームはなくなるのではないか。そもそも金利が上がったら毎月の返済ができなくなって、中古マンションの売却が激増するのではない、という声も聞く。

しかし、貸し出し時の変動金利は6ヶ月ごとに変更されるが、既に貸し付けられた変動金利が見直されるのは5年に1階、貸し出しから5年後だ(5年ルール)
しかも、急激な返済額増額を制限するため25%までしか増額出来ない(125%ルール)
毎月返済額が5年後に25%増えることになっても生活レベルが維持出来るのなら、大丈夫と言える。

すると、5年後に増額される危険性という懸念は残るものの、それまでは現在の資金計画でマンション購入をしていけることになる。

今しばらくはマンションブームは終わらないだろう。

20223/9/23日経新聞変動金利5年ルール124%ルール

令和5年地価公示発表

令和5(2023)年1月1日の価格を示す地価公示価格が発表された。
全国の上昇地点を見ると、札幌、仙台、広島、福岡の地方大都市がリードしている。
一方、人口減少が著しい地方小都市の多くは相変わらず下落傾向が続いている。

新型コロナ感染症拡大後、東京23区からの転出が続いたため、テレワーク、郊外住宅への回帰が予想された。
それは、埼玉県の中で浦和、大宮の外、東京に接する川口、戸田、和光などに人気が集まり軒並みプラスの地点が相次いだ。
東京に比べた手軽さが認められたようだ。

しかし、2022年になると東京23区からの転出が止まった。
子育てを考えるファミリー層は東京隣接部に移るが、独身層は仕事の多い東京23区から移動できないのだろう。

埼玉県の地価調査概要はこちら

埼玉県西部地区の最近の地価動向はこちら

鑑定評価は、埼玉不動産鑑定所へ

池袋まで2分余計かかる?

3/18の東上線ダイヤ改正では、便利になる点とちょっぴり不便(残念)な点がある。快速急行、急行停車駅が増える20230318東上線ダイヤ改正

便利になる点は
1.新横浜駅まで直通になるから、東海道新幹線利用が便利になる
2.快速急行が増発されて、池袋~川越が便利になる
3.Fライナーが急行扱いでなく、快速急行になるから早くなって便利になる

不便になる点は、
1.朝霞駅が急行停車駅になるから 急行の所要時間が 30分 → 32分になる?
2.上板橋駅が準急停車駅になるから、準急の所要時間が 43分 → 45分になる

便利か不便かわからないが、注意すべき点
1.快速急行の停車駅が 志木駅 から 朝霞台駅に変わる
  これまでは武蔵野線を利用するのに志木駅で乗り換える必要があったが、全ての電車が朝霞台停車になったので確認する必要がない
  
  志木駅に用がある人にとっては、間違えると朝霞台から戻る必要が出てくる

これから、快速急行が混みそうだなあ

鑑定評価は、埼玉不動産鑑定所へ

新横浜駅まで直通80分

3月18日東武東上線ダイヤ改正により、東海道新幹線に乗るのが便利になる。
川越~新横浜直通80分20230318東上線ダイヤ改正

これまで、東京駅でも品川駅でも最低1回の乗り換えが必要。さらにおよそ90分かかっていた。
それが、乗り換え無しの80分で新横浜駅に着けば、東京駅~新横浜駅間の18分も稼ぐことができる。
結果として、京都や大阪が25分以上近くなったのだ。

何よりも新幹線の駅までの間、ほとんど座っていられることが嬉しい。

ということは、川越に行くのが便利になるのだから観光客が増えることに繋がるのだろう。

鑑定評価は、埼玉不動産鑑定所へ