カテゴリー別アーカイブ: ●思うこと

ゴミの減量を目指す自治体

都市に住む人口が増えるにつれ、ゴミの問題が深刻になる。
ポイ捨てや、分別しない、決められた日以外に出す人など、いい加減に捨てる人もいるからゴミ集積所の近くの住民にとっては頭が痛い。

朝日新聞を見ると、ゴミを出す世帯をはっきりさせて責任を持たせるように、各戸別に収集する自治体が増えているそうだ。

ゴミ減量 分別+戸別方式へ(20190418朝日)

藤沢市のホームページを見ると、戸建て住宅は道路に面する敷地内にゴミを置き、収集担当者が集めていくようだ。

https://www.city.fujisawa.kanagawa.jp/kankyo-j/kurashi/gomi/wakekata/dasikata/kanengomi.html

川越市も検討する必要があるのではないか。

鑑定評価は、埼玉不動産鑑定所へ

400回

いちばん楽なボランティア「献血」を続けてきましたが、
東日本大震災から8年目の3月に400回になりました。

献血400回

当初は65才以上は献血できなかったのに、献血が許される年齢が延長されて今があります。
岐阜の森島さんのブログを見ルと2006年に200回だったようです。
鄙からの発信

300回の時が東日本大震災の翌年でした。300回
そのときは、被災地の状況と自分の安全の落差に驚き,日赤と東北の自治体に寄付をさせてもらいました。

今回、僅かながら日赤等への寄付を予定しています

皆さんも、お身体に問題が無ければ、献血はいかがですか
およそ1時間くらい、ソファに座ってテレビを見ているだけのボランティア。上手な看護婦さんが多いので、針先の痛みもほとんどありません。

鑑定評価は、埼玉不動産鑑定所へ

十七条憲法

調停協会機関誌に聖徳太子「十七条憲法」の一文が紹介されていた。
十七条憲法 第五条
五曰。絶餮棄欲。明辯訴訟。其百姓之訴。一日千事。一日尚尓。况乎累歳須治訟者。得利為常。見賄聴 。便有財之訟如石投水。乏者之訴似水投石。是以貧民則不知所由。臣道亦於焉闕。

現代語訳 を見ると 続きを読む

イチロー 好調!

 

ヤンキースイチローが、7月になって打ちまくっている。

 

ichiro tukibetu

7月だけを見ると、6試合 23打数9安打3打点、3割9分1厘。

これからを期待したい。

手形返還

6月初めに案内をした手形返還プロジェクト。
川越駅西口に20年前に設置した1715の手形(市制百周年までの個人タイムカプセル)を作った子供たちに返そうというもの。住所氏名が分かっている人、約1500名に書類を送った。7月15日まで登録期間を設定した。 続きを読む