カテゴリー別アーカイブ: ●埼玉県西部地域の状況

鶴川座跡地にホテル開業

旧鶴川座跡ホテル開業、週末は満室に
小江戸には、令和、平成、昭和、大正、明治、江戸 各時代の建物が連なる町並みがある。

明治~昭和の趣があった劇場(映画館)の鶴川座が老朽化し、劇場としての命を失って,その跡地はホテルとなった。

安く、気軽に宿泊できるようにと1泊3千円の相部屋(ドミトリー)タイプもあって、週末の予約は満室だそうだ。
2~3時間の日帰り観光客が多く,表面的な小江戸だけしか知られないのは残念だった。

ホテルの増加は、夜や早朝の小江戸の良さを味わえることになる。
一本入った小江戸の町並みには結構面白い店もあるのだ。

今後に期待しよう

不動産鑑定士 全国から集まる

川越祭を翌日に控えた10月19日(金)川越プリンスホテルで、不動産鑑定シンポジウムが行われた。

不動産鑑定シンポジウムin川越

全国から270名の不動産鑑定士が集まり、『オリンピック開催の地価への影響』を論議した。

翌日は川越祭、画地からやってきた不動産鑑定士に川越祭を堪能してもらおう。